HOME HOME >ITEM :取扱商品 >補聴器 > 補聴器の疑問Q&A

補聴器の疑問Q&A


 

 もっと知りたい補聴器の疑問にお答えします。



Q1 補聴器にはどんな種類がありますか?

A1 つけていることがわかりにくいタイプ、おしゃれで見せたくなるタイプなど、

   いろいろなカタチがあります。



目立ちにくい

耳あな型

耳の形にあわせて作るオーダーメイドなら、耳にすっぽり入り、目立ちにくい。



カラーが豊富なデジタル式

RIC(Receiver in Canal)

イヤホン(レシーバ)を補聴器本体から独立させて耳に入れるタイプの補聴器。



操作しやすい

耳かけ型

髪の色や肌色になじむカラーが選べる。操作もラクラク。
 



手軽に使える

ポケット型

ステレオヘッドホン・スタイルのおしゃれタイプがオススメ。





Q2 デジタル補聴器の特徴はなんですか?
A2 きめ細かく音質を調節できるので、一人ひとりの「聞こえ」に合わせられます。



・音をきめ細かく分析し、雑音を抑え会話を聞き取りやすく強調するので、雑音の中でも会話が聞き取りやすい
・不快なピーピー音(ハウリング)を自動で抑えるので、使いやすい。
・周囲の環境に応じて音量・音質を自動で調節するので、「聞こえ」がより快適。
 





Q3 価格の違いはどこにあるのですか?
A3 聞こえにあわせてきめ細かく調節できるチャンネル数が多く、

   雑音を抑える機能や、音量調節など面倒な操作を減らす機能が

   充実しているほど高価になります。



 補聴器は聞き取りに必要な音の周波数(音程)をチャンネルという単位に区切って処理します。

チャンネル数が多いほど、きめ細かく聞こえにあわせることが出来ます。

シーンに合わせて「聞こえ」を自動調節!





Q4 両方の耳に使った方が良いでしょうか?
A4 「両耳装用」で聞こえの機能をより引き出すことが出来ます。

メガネも片側のレンズだけではうまく機能しないように、補聴器も両方の耳にお使いいただくことをお勧めしています。

両方の耳に装用することで、「聞こえ」の機能をより引き出すことが出来るようになります。



両耳に装用したときの効果
・音を立体的にとらえやすくなります。
・片耳の場合に比べて補聴器のボリュームを小さくすることが出来ます。
・騒音下でも会話が聞き取りやすくなります。
・音の方向性や距離感がつかみやすくなります。


: 基本情報

取扱店舗:
全店舗

: ブランド紹介

補聴器の疑問Q&A


PICKUP ITEM :ピックアイテム